ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

ノンフィクション・軍事

藤田昌雄「日本本土決戦」

日本本土決戦―知られざる国民義勇戦闘隊の全貌作者: 藤田昌雄出版社/メーカー: 潮書房光人社発売日: 2015/03/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る「激戦場 皇軍うらばなし」*1などの藤田昌雄によるノンフィクションというより資料なのだけ…

ナイジェル・オールソップ「世界の軍用犬の物語」

世界の軍用犬の物語 作者: ナイジェルオールソップ,Nigel Allsopp,河野肇 出版社/メーカー: エクスナレッジ 発売日: 2013/07/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「物語」とはあるけれど、「軍用犬」の歴史と現状を記録したもので別段ストーリ…

スケールアヴィエーション編集部 編「ツバサノキオク」

ツバサノキオク: 震災・災害に立ち向かう救難最後の砦 自衛隊救難部隊の真実と実態作者: スケールアヴィエーション編集部出版社/メーカー: 大日本絵画発売日: 2016/05/12メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る航空機模型専門雑誌「スケールアヴ…

マイケル・E・ハスキュー(他)「戦闘技術の歴史 5」

戦闘技術の歴史5 東洋編作者: マイケル・E.ハスキュー,クリステルヨルゲンセン,クリスマクナブ,エリックニデロスト,ロブ・S.ライス,杉山清彦,徳永優子,中村佐千江出版社/メーカー: 創元社発売日: 2016/01/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見…

D・オーギル「戦車大突破」

戦車大突破―第一次大戦の戦車戦作者: ダグラス・オーギル,戦史刊行会出版社/メーカー: 原書房発売日: 1980/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る副題には「第一次世界大戦の戦車戦」とあるが、原題に「ARMOURED ONSLAUGHT 8th August 1918」…

スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ「戦争は女の顔をしていない」

戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)作者: スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ,三浦みどり出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2016/02/17メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る重いなあ、重いよ。「女性ならでは」のエピソードが山ほど出てく…

「日本の重戦車」

日本の重戦車 150トン戦車に至る巨龍たちの足跡 (メディアパルムック)作者: (発行)カマド出版社/メーカー: メディア・パル発売日: 2016/02/23メディア: ムックこの商品を含むブログ (1件) を見るカマドの戦車本読むのもひさしぶり。これまで不確かな情報に基…

アンドリュー・ナゴルスキ「モスクワ攻防戦」

モスクワ攻防戦――20世紀を決した史上最大の戦闘作者: アンドリュー・ナゴルスキ,津守滋,津守京子出版社/メーカー: 作品社発売日: 2010/05/19メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (4件) を見る第二次世界大戦の東部戦線、いわゆる独ソ戦の転…

スティーブン・ザロガ「最新 ソ連の装甲戦闘車両」

先日神保町のブックフェスティバルに出かけてブックフェスティバルとは全然関係なく軍学堂で購入した一冊。あまりにアレ気な表紙に思わずジャケ買いしちゃったけれど、あまりにアレ気な表紙にも関わらずしっかりした内容でした。なにしろザロガ先生だ。最新…

白善菀「若き将軍の朝鮮戦争」

若き将軍の朝鮮戦争 - 白善ヨップ回顧録作者: 白善出版社/メーカー: 草思社発売日: 2000/05メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 90回この商品を含むブログ (12件) を見る朝鮮戦争についてはあまり知識が無くて、いろんなところで勧められていた本を図書館で…

一之瀬俊也「日本軍と日本兵」

日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)作者: 一ノ瀬俊也出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/01/17メディア: 新書この商品を含むブログ (30件) を見る「米軍が怖れた『卑怯な』日本軍」*1のヒト。という認識は視野が狭すぎるだろうけれど、演繹…

ダドリー・ポープ「ラプラタ沖海戦」

ラプラタ沖海戦 (ハヤカワ文庫 NF 31)作者: ダドリー・ポープ,内藤一郎出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1978/08メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログを見る休みの合間に読み返した、というかペラペラページをめくってた一冊。何度も…

ジョエル・レヴィ「図説 世界史を変えた50の武器」

図説世界史を変えた50の武器作者: ジョエルレヴィ,Joel Levy,伊藤綺出版社/メーカー: 原書房発売日: 2015/01/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見るタイトル通り世界の、というか人類の歴史上でエポックメーキングとなった武器を石斧からロボ…

ジョン・キーガン リチャード・ホームズ ジョン・ガウ「戦いの世界史」

戦いの世界史: 一万年の軍人たち作者: ジョンキーガン,ジョンガウ,リチャードホームズ,John Keegan,John Gau,Richard Holmes,大木毅出版社/メーカー: 原書房発売日: 2014/07/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る「一万年の軍人たち」とサブ…

チャールズ・ラム「雷撃」

雷撃 (文庫版航空戦史シリーズ (14))作者: チャールス・ラム,宇田道夫,光藤亘出版社/メーカー: 朝日ソノラマ発売日: 1982/07メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログを見る朝日ソノラマの航空戦史シリーズってイギリス軍ネタ多いね、なフェアリー…

ルパート・スミス「軍事力の効用」

ルパート・スミス 軍事力の効用: 新時代「戦争論」作者: ルパートスミス,山口昇,Rupert Smith,佐藤友紀出版社/メーカー: 原書房発売日: 2014/03/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る1991年の湾岸戦争でイギリス陸軍機甲師団長との著者経歴…

アンリ・イスラン「第一次世界大戦の終焉」

第一次世界大戦の終焉 - ルーデンドルフ攻勢の栄光と破綻 1918年 春作者: アンリ・イスラン,渡辺格出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2014/05/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る「マルヌの戦い」*1に続く一冊。サブタイトルに「ルー…

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ「ボタン穴から見た戦争」

ボタン穴から見た戦争―白ロシアの子供たちの証言作者: スヴェトラーナアレクシエーヴィチ,三浦みどり出版社/メーカー: 群像社発売日: 2000/11メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 34回この商品を含むブログ (6件) を見る子供時代に第二次世界大戦を体験した…

宮嶋茂樹「国防女子」

国防女子作者: 宮嶋茂樹出版社/メーカー: 集英社発売日: 2014/05/12メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (5件) を見る「平和を欲するならまず戦争を知れ」という言葉があって、座右というわけではありませんが常々考えるようにはしていま…

千早正隆「日本海軍の戦略発想」

日本海軍の戦略発想作者: 千早正隆出版社/メーカー: プレジデント社発売日: 2008/12メディア: 単行本 クリック: 4回この商品を含むブログ (2件) を見る日本海軍はなぜ太平洋戦争に敗れたか、を包括的に記した内容。これまでいくつか読んできて、大体こういう…

ポール・ケネディ「第二次世界大戦 影の主役」

第二次世界大戦 影の主役―勝利を実現した革新者たち作者: ポール・ケネディ,伏見威蕃出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2013/08/24メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る原題を“Engineers of Victory”だけれどもこの場合の「エンジニ…

ダン・ハンプトン「F-16 エース・パイロット戦いの実録」

F‐16―エース・パイロット 戦いの実録作者: ダンハンプトン,Dan Hampton,上野元美出版社/メーカー: 柏書房発売日: 2013/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見るF-16戦闘機*1というのも世界的にベストセラーな傑作戦闘機で、ウィキによればアメ…

リジー・コリンガム「戦争と飢餓」

戦争と飢餓作者: リジーコリンガム,宇丹貴代実,黒輪篤嗣出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2012/12/12メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (5件) を見る第二次世界大戦当時の各国の世相・実態を「食料」をテーマに研究したもの…

アンリ・イスラン「マルヌの会戦」

マルヌの会戦 - 第一次世界大戦の序曲 1914年秋作者: アンリ・イスラン,渡辺格出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2014/01/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る第一次世界大戦について日本ではまだまだ知られていることが少なすぎるよう…

ビクター・オストロフスキー/ クレア・ホイ「モサド諜報員の告白」

モサド情報員の告白作者: ビクターオストロフスキー,クレアホイ,Victor Ostrovsky,Claire Hoy,中山善之出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ発売日: 1992/02メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 7回この商品を含むブログ (3件) を見る内容については…

松原茂生 遠藤昭「陸軍船舶戦争」

陸軍船舶戦争作者: 松原茂生,遠藤昭出版社/メーカー: 戦誌刊行会発売日: 1996/04メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログを見る「まるゆ」や「あきつ丸」なんて昔は結構濃いめの軍オタ会話にしか出てこなかったような名前が「艦これ」…

戸高一成 編「証言録 海軍反省会 5」

[証言録]海軍反省会 5作者: 戸?一成出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2013/08/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見るもう続きが出てたのかーと思ったら去年は2冊刊行されてたのね。年1冊から2年で3冊程度のペースに上げていきたいそう…

長田龍太「続・中世ヨーロッパの武術」

続・中世ヨーロッパの武術作者: 長田龍太出版社/メーカー: 新紀元社発売日: 2013/08/30メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る前作*1の続編にして補完となるもの。前巻と比べて扱われている時代・地域の幅は広がり、「中世ヨー…

A・ロイド「危うし空挺部隊」

危うし空挺部隊 (文庫版航空戦史シリーズ (56))作者: A・ロイド,石川好美出版社/メーカー: 朝日ソノラマ発売日: 1985/05メディア: 文庫この商品を含むブログを見るなんでも今日は世界初のパラシュート降下記念日だそうだけど、「空挺部隊」といってもパラト…

ダグ・スタントン「ホース・ソルジャー」

ホース・ソルジャー―米特殊騎馬隊、アフガンの死闘作者: ダグスタントン,Doug Stanton,伏見威蕃出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2010/04メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (1件) を見る911事件を受けて2001年に起きたアメリカ…

戸高一成 編「証言録 海軍反省会 4」

[証言録]海軍反省会 4作者: 戸高一成出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2012/12/20メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見る順当に刊行が続いて四冊目。一回ごとのボリュームが増えてきて今巻は第三十一回から第三十七回までの7回…

ロバート・B・ブルース(他)「戦闘技術の歴史 4」

戦闘技術の歴史4 ナポレオンの時代編作者: ロバート・B・ブルース,イアン・ディッキー,ケヴィン・キーリー,マイケル・F・パヴコヴィック,フレデリック・C・シュネイ,淺野明,野下祥子出版社/メーカー: 創元社発売日: 2013/04/23メディア: 単行本この商品を含…

J・K・ザヴォトニー「消えた将校たち」

消えた将校たち―― カチンの森虐殺事件作者: J.K.ザヴォドニー,根岸隆夫(解説),中野五郎,朝倉和子出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2012/12/19メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る1943年にナチスドイツ占領下のポーランド失礼、ソ連地域だ …

マイケル・ジョーンズ「レニングラード封鎖」

レニングラード封鎖: 飢餓と非情の都市1941-44作者: マイケルジョーンズ,松本幸重出版社/メーカー: 白水社発売日: 2013/02/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る副題にもある通り第二次世界大戦のいわゆる独ソ戦で包囲下に置かれたレニング…

ロドリク・ブレースウェート「アフガン侵攻」

アフガン侵攻1979-89: ソ連の軍事介入と撤退作者: ロドリクブレースウェート,河野純治出版社/メーカー: 白水社発売日: 2013/01/29メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 10回この商品を含むブログ (7件) を見る副題には「ソ連の軍事介入と撤退 1979-89」とあ…

マーチン・ファン・クレフェルト「戦争の変遷」

戦争の変遷作者: マーチン・ファン・クレフェルト,石津朋之出版社/メーカー: 原書房発売日: 2011/09/20メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 323回この商品を含むブログ (6件) を見る「クラウゼヴィッツなんて時代遅れです」とはじめて大学ゼミ(ホントはゼ…

麓直浩「敗戦処理首脳列伝」

敗戦処理首脳列伝―祖国滅亡の危機に立ち向かった真の英雄たち作者: 麓直浩出版社/メーカー: 社会評論社発売日: 2011/05メディア: 単行本 クリック: 4回この商品を含むブログ (5件) を見るタイトルの出オチ感がハンパない一冊。まこと人類の歴史は戦争の歴史…

一ノ瀬俊也「米軍が恐れた『卑怯』な日本軍」

米軍が恐れた「卑怯な日本軍」―帝国陸軍戦法マニュアルのすべて作者: 一ノ瀬俊也出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/07メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 392回この商品を含むブログ (5件) を見るいささかアレ気なタイトルとかなりアレ気な装丁でなん…

メアリー・カルドー「新戦争論」

新戦争論―グローバル時代の組織的暴力作者: メアリーカルドー,山本武彦,渡部正樹出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2003/01/27メディア: 単行本 クリック: 8回この商品を含むブログ (5件) を見るこの本はもっと早くに読むべきだった。もしもそうしていればこ…

三浦瑠麗「シビリアンの戦争」

シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき作者: 三浦瑠麗出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2012/10/19メディア: 単行本購入: 13人 クリック: 615回この商品を含むブログ (15件) を見る「デモクラシーが攻撃的になるとき」と副題がある。「丁寧な取…

山室信一「複合戦争と総力戦の断層」

複合戦争と総力戦の断層―日本にとっての第一次世界大戦 (レクチャー第一次世界大戦を考える)作者: 山室信一出版社/メーカー: 人文書院発売日: 2011/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 19回この商品を含むブログ (17件) を見る「レクチャー 第一次世界大…

小関隆「徴兵制と良心的兵役拒否」

徴兵制と良心的兵役拒否―イギリスの第一次世界大戦経験 (レクチャー第一次世界大戦を考える)作者: 小関隆出版社/メーカー: 人文書院発売日: 2010/09メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (2件) を見る「レクチャー 第一次世界大戦を考える」…

マクスウェル・タイラー・ケネディ「特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」

特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ―米軍兵士が見た沖縄特攻戦の真実作者: マクスウェル・テイラー・ケネディ,中村有以出版社/メーカー: ハート出版発売日: 2010/07/12メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 29回この商品を含むブログ (9件) を見る綿密な…

チャールズ・ストロング「狙撃手列伝」

狙撃手列伝作者: チャールズストロング,Charles Stronge,伊藤綺出版社/メーカー: 原書房発売日: 2011/12メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログを見る射撃行為の中でもとりわけ狙撃とそこに携わるスナイパーという存在は人の興味を引きつけるよ…

ジョン・ピムロット「ロンメル語録」

ロンメル語録―諦めなかった将軍作者: ジョンピムロット,岩崎俊夫出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2000/04メディア: 単行本 クリック: 11回この商品を含むブログ (2件) を見るタイトルだけ見るとまるでロンメル元帥金言集であるかのような印象を受ける…

長田龍太「中世ヨーロッパの武術」

中世ヨーロッパの武術作者: 長田龍太出版社/メーカー: 新紀元社発売日: 2012/03/01メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 43人 クリック: 403回この商品を含むブログ (4件) を見る軍事、ではないけれど。刊行以来各所で大反響の西洋剣術解説書。これまでカ…

レスター・グラウ/マイケル・グレス編「赤軍ゲリラ・マニュアル」

赤軍ゲリラ・マニュアル作者: レスターグラウ,マイケルグレス,Lester Grau,Michael Gress,黒塚江美出版社/メーカー: 原書房発売日: 2012/05メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 280回この商品を含むブログ (5件) を見る素晴らしい装丁と“The red Army's Do-…

戸高一成編「証言録 海軍反省会3」

[証言録]海軍反省会3作者: 戸? 一成出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2012/02/16メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログを見る第三巻は第21回から30回までの証言を記録。うち第27回だけ欠番になってるのは事務処理上の手違いであ…

デーヴ・グロスマン&ローレン・W・クリステンセン「『戦争』の心理学」

「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム作者: デーヴ・グロスマン,ローレン・W・クリステンセン,安原和見出版社/メーカー: 二見書房発売日: 2008/03/01メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 42回この商品を含むブログ (22件) を見る「戦争における『…

ワシリー・I・チュイコフ「ナチス第三帝国の崩壊」

ナチス第三帝国の崩壊―スターリングラードからベルリンへ (1973年)作者: ワシリー・I.チュイコフ,小城正出版社/メーカー: 読売新聞社発売日: 1973メディア: ? クリック: 1回この商品を含むブログを見る 書影はこんな感じ。有名な記録写真ですな。副題に「ス…