ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

小説・軍事

マイケル・モーバーゴ「兵士ピースフル」

兵士ピースフル 作者: マイケルモーパーゴ,Michael Morpurgo,佐藤見果夢 出版社/メーカー: 評論社 発売日: 2007/08 メディア: ハードカバー 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (4件) を見る 幸いにして自分は「自分の子供に戦争について教える」…

月村了衛「土漠の花」

土漠の花作者: 月村了衛出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2014/09/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (19件) を見る幸いにして、日本の自衛隊が戦争をやるのはかなり面倒臭い所業である。故にフィクションの世界では戦国時代に飛ばされたりクーデターを…

古処誠二「中尉」

中尉作者: 古処誠二出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2014/11/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (15件) を見る終戦記念日にこの本を読めたのはよかった。いつも書いてる気がするけれど、古処誠二はもっと評価されるべき。そしてこれもいつ…

マイク・ダン「サイドワインダー」

サイドワインダー (創元ノヴェルズ)作者: マイクダン,Mike Dunn,赤井照久出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1994/08メディア: 文庫この商品を含むブログを見る友達とF-14トムキャットの話をしていて、そーいや昔イラン空軍のトムキャットが出てくる話を読…

ロバート・ウェストール「“機関銃要塞”の少年たち」

"機関銃要塞"の少年たち (児童図書館・文学の部屋)作者: ロバート・ウェストール,越智道雄出版社/メーカー: 評論社発売日: 1980/12/20メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 7回この商品を含むブログ (6件) を見る以前宮崎駿のイラスト目当てで「ブラッカムの…

古処誠二「ニンジアンエ」

ニンジアンエ作者: 古処誠二出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/11/25メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る古処誠二ってもっと読まれてほしい人なんですけど、いまひとつ話題になってないような気がします。エンターテインメ…

ケネス・マクセイ「戦闘」

amazonじゃ扱い無しか。著者はイギリスの軍事評論家で、特に機甲戦関係の著作で有名。そんなひとが小説まで書いてるとは知らんかった。 内容はものすごく地味ですwノルマンディー、ボカージュ地域のとある果樹園を中心とした戦場で、大隊規模の連合軍とドイ…

古処誠二「ふたつの枷」

ふたつの枷作者: 古処誠二出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/07/26メディア: 単行本 クリック: 8回この商品を含むブログ (8件) を見る四編からなる短編集。「線」の時*1ほど地域や部隊の一貫性は無く、初出誌も一定ではないので「連作」という形ではない…

ディヴィッド・L・ロビンズ「鼠たちの戦争」(上)(下)

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)作者: デイヴィッド・L.ロビンズ,David L. Robbins,村上和久出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2001/01メディア: 文庫 クリック: 12回この商品を含むブログ (7件) を見る鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)作者: デイヴィッド・L.ロ…

古処誠二「線」

線作者: 古処誠二出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2009/08/26メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 10回この商品を含むブログ (11件) を見る古処誠二という人は別にシリーズものを書いてるわけではないし、これまで読んだ作品…

水樹ケイ「鋼鉄のワルキューレ」

鋼鉄のワルキューレ―ケーニヒスティーガーin WW2東部戦線(オストフロント)作者: 水樹ケイ出版社/メーカー: 学習研究社発売日: 2009/03メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 22回この商品を含むブログ (3件) を見る白状してしまうと初めて書店で見かけたとき…

スティーブン・プレスフィールド「砂漠の狐を狩れ」

砂漠の狐を狩れ (新潮文庫)作者: スティーヴンプレスフィールド,Steven Pressfield,村上和久出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/03/02メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 12回この商品を含むブログ (15件) を見る初めて書店でデザートシボレーの表紙画を目…

古処誠二「七月七日」

七月七日作者: 古処誠二出版社/メーカー: 集英社発売日: 2004/09メディア: 単行本 クリック: 11回この商品を含むブログ (32件) を見る文庫版もありasin:4087463087古処誠二、二冊目。津○陽が文句言ったのはこれだったか?ともあれ面白い、良いなーと思う。戦…

カート・ヴォネガット「追憶のハルマゲドン」

追憶のハルマゲドン作者: カート・ヴォネガット,和田誠,浅倉久志出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2008/08/22メディア: 単行本 クリック: 29回この商品を含むブログ (31件) を見るいや、まあ軍事小説などではないんだけど、ドレスデンや終戦直後など「兵隊…

古処誠二「メフェナーボウンのつどう道」

メフェナーボウンのつどう道作者: 古処誠二出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/01メディア: 単行本 クリック: 10回この商品を含むブログ (23件) を見る恥ずかしながら古処誠二を知ったのは本書が初のことである。自分と同世代(2年しか違わない)の書き…

古川日出男「ベルカ、吠えないのか?」

ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)作者: 古川日出男出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/05/09メディア: 文庫購入: 17人 クリック: 148回この商品を含むブログ (182件) を見るこの作品には国家や戦争、紛争や抗争などがいくつも出てくるが実際のところ軍…

光岡明「機雷」

機雷 (講談社文庫)作者: 光岡明出版社/メーカー: 講談社発売日: 1984/07メディア: 文庫 クリック: 6回この商品を含むブログ (1件) を見る読書という趣味は量子力学と似ている。フタを開けてみないとわからない。*1本の大海の中に未だ知らざる傑作があり、自…

吉田満 保坂正康編「戦艦大和と戦後」

「戦艦大和」と戦後 吉田満文集 (ちくま学芸文庫)作者: 吉田満,保阪正康出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2005/07/06メディア: 文庫 クリック: 2回この商品を含むブログ (14件) を見る#副題にもある通りこれは決して「小説」ではないのだが冒頭に収録され…

高木俊朗「全滅」

はまぞうでは出てこなかったので直接リンクを貼る。http://www.amazon.co.jp/gp/product/4167151073/503-8666459-8638333?v=glance&n=465392&s=gateway自分が読んだのは文庫ではなく単行本のもの。古書業界ではどっちが入手し易いんだろう。旧日本陸軍の戦車…

スティーブン・プレスフィールド「炎の門」

炎の門―小説テルモピュライの戦い (文春文庫)作者: スティーヴンプレスフィールド,Steven Pressfield,三宅真理出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2000/09メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 20回この商品を含むブログ (16件) を見るサブタイトルで解る通り、…

D.L.ロビンズ「クルスク大戦車戦」上下

クルスク大戦車戦〈上〉 (新潮文庫)作者: デイヴィッド・L.ロビンズ,David L. Robbins,村上和久出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/12メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (4件) を見るクルスク大戦車戦〈下〉 (新潮文庫)作者: デ…