読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

大森望 日下三蔵 編「年刊日本SF傑作選 拡張幻想」

拡張幻想 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

拡張幻想 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

創元の年刊日本SF傑作選、2011年版。この年は大きな出来事があったので、そのことに影響されている作品がいくつも収録されている。とりわけ川上弘美「神様 2011」が淡々としてそれでいて不可逆な変貌を遂げた日常を描いていて印象に残る。どんな変化が起きたとしても、日常は日常的に在り続けるというわけで。供名練「美亜羽へ贈る拳銃」は伊東計劃へのオマージュながら、ベースとなった「ハーモニー」より楽しみやすい内容でこの人はちょっと色々読んでみようかな、と思わされた。またこれまでいくつか読んでみていつも捉えどころの無かった円城塔が「よい夜を待っている」ではじめてようやく何か掴んだように感じたのだけれど、やっぱり上手く捉えられない。そういうことも、まま在りますね。宮内悠介「超動く家にて」がいろいろヒド過ぎて(ほめてますよ)ラブストーリーだったのかよ!と爆笑。「盤上の夜」がどんな話なのか、俄然気になります(w

収録作品ではないけれど、巻末「二○一一年のSF概況」で取り上げられている平田真夫「水の中、光の底」asin:4488024696がちょっと気になります。聞いたことのない人――なにしろこの年の新人だ――の聞いたことのない作品だけど、以前別名義で東京創元社からゲームブック展覧会の絵」を出していた人でって

Σ( ̄□ ̄lll)マジデ!!

あれはゲームブックがブームだったあの時代の、他に類を見ない異色且つ傑作だったからねえ、こりゃ読んでみないといけないね。

この手の現代日本SF短篇集って何故かあんまり手を出してこなかったんだけど、改めなくっちゃいかんですなと思いますた。