読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

ダニエル・キイス死す

メモ

アルジャーノンに花束を」は10代の頃に読んだ本の中でもかなり強く印象に残っている一冊です。ご冥福をお祈りします。

確か部活で流行って、ふだんそんなにSFに親しいわけでもない友人が強烈にプッシュしてたのを覚えています。ちょうど自分が読書趣味に傾倒し始めた時期でもあるので、その後の人生観とかに、色々影響はしてたんだろうなあ……当初はハードカバーで(よい表紙画でしたね)読み、その後早川のダニエル・キイス文庫版でこれとあと短編版が載っている「心の鏡」は読んだけれど「五番目のサリー」とか「24人のビリー・ミリガン」などのノンフィクションは手を出さずに来て、でもたぶんそれで良いのだと思います。自分にとっては永遠に「『アルジャーノンに花束を』のひと」である。それでよい。

ヒューゴー賞受賞のとき、キイスはアイザック・アシモフからこう尋ねれられた。「どうしてこんな傑作が書けたんですか」キイスは困った顔をして答えた。「どうして書けたのか、もしあなたにわかるなら、教えてくれませんか。わたしもぜひもういちどあんなのを書いてみたいんです」


引用はハヤカワSF文庫「SFハンドブック」初版より。このエピソード、好きだなぁ……