読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

大森望・日下三蔵 編「年刊日本SF傑作選 さよならの儀式」

小説・SF

今回より四字熟語のタイトル生成を止めて収録作から表題を選んだ2013年版。その「さよならの儀式」で宮部みゆきのSF作品をすごくひさしぶりに読んだような気がします。デビュー当初はSF風味な作品も結構あったと思うのよね。草上仁とか筒井康隆とか、ひさしぶりに見るベテランが多いなあ。冲方丁のSF読むのもひさしぶりな気がする「神星伝」はなんかいろいろ全開でスゴいぞ(笑)そして多分はじめて読んだ石川博品「地下迷宮の帰宅部」がしみじみ良いのよ。

今回の一番を挙げろといわれたら円城塔の「イグノムラス・イグノラビムス」だろうか。不思議な内容だけれど読みやすかった。