読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

ブライアン・オールディス「寄港地のない船」

寄港地のない船 (竹書房文庫)

寄港地のない船 (竹書房文庫)

原著は1958年に刊行されたオールディスの実質的デビュー作。そんな古典作品の初邦訳が竹書房文庫から出たのはちょっとおどろきで、なんでハヤカワや創元じゃなかったんだろう?それはともかく、ストーリーはいわゆるジェネレーション・シップもので、閉鎖環境に閉じ込められた人類が世代を重ねていくごとに社会・文化が変容し、その結果・・・という、まあ王道のようなものです。ハインラインの「宇宙の孤児」に直接的な影響を受けて書かれたものだそうだけど、社会も人類もよりグロテスクな方向に変化していくのはイギリスSFらしさか。

とはいえハインラインのあれも大昔にジュブナイルで読んだきりなので、また読み返してみないとね。

恒星間航行、地球への帰路の途上で起きた事故により航法装置も船内秩序も失って放浪しつづけた宇宙船が実は・・・というのは相当皮肉な展開で、そこもまたよし。