ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

ケン・リュウ「紙の動物園」

「古典SFにはリリカルな話がよくあるけれど、最近の人はそういうの書くんだろうか?」みたいなことをツイートしたらこちらを勧められて、読む。面白かった。

もののあはれ」だけは以前読んでましたね。これも結構毛色の変わった作品ではあるんだろうなあ。

abogard.hatenadiary.jp

本書刊行当時大絶賛されていたのはよく覚えています。テッド・チャンと並んでいまの日本国内で中国SFというものが受容されるようになった、その嚆矢的な存在なんでしょうね。それとこれは表題作に関してですが、故・山本弘氏が「SF要素がまったく無い」と批判していたことも記憶しています。なんだかんだで未読だったので、実際に読んでみて収穫でありました。表題作「紙の動物園」は確かにいい話で、日本人受けするのもわかります。果たしてこれがSFなのか?という問いかけもまた、自然なものでしょう。しかし本作で「文字」によってなにがしかの感情を想起させられるという展開は、なんとなーく彼の古典名作「中継ステーション」を彷彿とさせたので、その感覚に於いてSFであると認めるものであります。でも中南米系の作家がこういう話かいたら「マジックリアリズム」のラベルを貼られると思う。結局は売り方次第か(´・ω・`)

収録作でかなり衝撃を受けたのは「文字占い師」で、これもまた文字(漢字)が大きなテーマになっています。中国人、中国系アメリカ人というアイデンティティを強く牽引するものとしてそれらは機能しているんだけれど、思うに、ちょっと嫌な言い方をすると、それらを都合よく「アジア人の」ものへとスライドさせて受容しているんだろうなあ日本の読者は。自分も含めてね。

解説にも日本文化の影響を受けていることは記されているけれど、前記「もののあはれ」や「波」など宇宙を舞台にした作品には、星野之宣みたいな雰囲気を感じたりします。それは紛うことなきSFである。その一方で幻想的な作品も、主流文学のような作品もありでこの一冊だけでも多才の片鱗を知ることができるでしょう。

中でも一番のお気に入りは「良い狩りを」で、妖怪退治人見習いの少年と妖狐の少女との人外恋愛のような導入から、清朝末期の妖怪や魔法が西欧文明と科学に駆逐されていく展開に見せかけて話は一転スチームパンク。現実とはまるで異なる発展を見せる香港の只中で辿り着いた先はなんとまあサイボーグ美女によるトランスフォーマービーストウォーズである。真剣にスゴいな。