ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

大森望 日下三蔵 編「年刊日本SF傑作選 行き先は特異点」

 

 

もう10年になるのですか、長く続きますね。などと言いたいところだけれどこのシリーズ読み始めたのは刊行開始後数年してからのことなので、あまり偉そうなことは言えない(笑)。とはいえ10冊読んでるとさすがに大体の傾向は固まってくるものなのか、当初読んだころに得たような感覚はやっぱり薄まって「慣れ」て行くのかな、とも思う。もちろん今回初収録の作家作品もあるのだけれど、全体的な傾向として。

それで今回初収録の牧野修「電波の武者」が面白かったのは、自分がこのシリーズになにを求めているのかをちょっと考えさせられた訳です。牧野作品読むのも久しぶりで、はじめて「MOUSE」を読んだ時のような気持ちをなんとなく思い出したりなのだけれど。

谷甲州「スティクニー備蓄基地」はおなじみ航空宇宙軍史シリーズで、航空宇宙軍のフォボス基地が外惑星連合軍の「生物兵器」に襲撃されるエピソードなんだけれどこれがまたエラく地味だ。いつものことだ。〇〇を兵器化する話はセイバーヘイゲンのバーサーカーシリーズにもありましたが、まあ絵面は地味で、しかし何故だか本当に不思議なんだけれど横山えいじの絵柄で脳内再生されて困る。衛星内部の地下基地がアレに覆われるって一歩踏み間違えれば容易にシュールなギャグに出来そうです。ドローンはススムくんで。

 

この2本がこんな観点で良かったなどというのは自分もとんだ老害ですが、今回一番良かったのは第8回創元SF短編賞受賞作、久永実木彦「七十四秒の旋律と孤独」でした、kindleなら単著でも読めるのかな?

 

 

題材としては古典的と言うか「枯れた技術の蓄積」のようなところが堅実な宇宙SFなんでしょうね。宇宙船に〇〇と少女は必須!とか言ってみる(笑)

 

巻末の選評と2017年SF界の概況は読みごたえのあるもので、やっぱり一番大事なのはこの部分かも知れません。「自分の書いた小説が面白く読めないかも知れないという危機感の弱さ」(長谷敏司による)が、なんかいろいろ重いなあ。

森薫「乙嫁語り」10巻

 

乙嫁語り 10巻 (ハルタコミックス)

乙嫁語り 10巻 (ハルタコミックス)

 

 

真冬の話だけれど、いつもどおりにアツアツです(笑)前半はカルルクさん冬山でお義兄さんたちに混じってハンター修行、後半はスミスくんやっとアンカラに到着のくだり。いつも通りに素晴らしい画、コマ割り、そして台詞回し。安心して読み進められる内容だけれど、この先どこに向かって、どういうところに落ち着くのでしょうね。

 

しかし鷲を使った狩猟でも「鷹狩り」というのだなあ。ちょっと虚を突かれたというか、うん、勉強になりました。

瀬名秀明 編著「ロボット・オペラ」

 

ロボット・オペラ

ロボット・オペラ

 

 

もともとゼラズニイの「フロストとベータ」が読みたかったのだけれど、確かにこれは大著ですね。タイトルだけは昔からよく聞いていて、考えてみると瀬名秀明について語られたり何かの媒体に出るとき必ず挙げられている代表作みたいなものか。国内外のロボットテーマ小説を集めたアンソロジーなんだけど、小説以外にロボットに関する様々な「専門家」(それはロボット工学の専門家であったりロボットアニメの専門家であったりする)による解説、更には瀬名秀明本人による、それぞれの作品年代ごとの背景社会やロボット受容について書かれた総説が本書のキモと言えるでしょう。作品の内容も解説も色とりどりで、実にユニークなアンソロジーとなっています。思うに、アシモフ亡き後アシモフの後を継げるような人材は、SF世界のどこにも現れなかったのだろうなとふと。

 

総説でも解説でも繰り返し語られる「鉄腕アトム」をはじめとするロボット漫画が、日本のロボット開発に大きな影響をあるいは「呪縛」を与えていることは、これは疑いようのないところだけれど、本書刊行時点の2004年ならいざしらず、リーマンショック東日本大震災を経験した今現在の日本が、ロボット技術・ロボット工学に於いて何か先進的な地位を得て居るのかと言われれば、それは果たしてどうなんだろうなあと、読後に一抹の寂しさが残ったのはうーむ、やはりもっと早く読むべきだったかなあ。

 

ホンダのアシモが「楽団」を演じているのを見たときに、これは全然実用性の欠片もないんじゃあるまいかと危惧したのはいつだったろう?ルンバをはじめとするロボット掃除機が一般家庭に広く導入されているご時世に、人口知能学会の表紙問題とか討議してたのは、ナンセンスなんだろうな色々…

 

収録作品についてはゼラズニイ「フロストとベータ」がピカイチなんですけれど、ジョン・ウインダムが別名義で発表した「孤独な機械」がしみじみいい話である。エンターテインメントであれ、「人型機械」にこだわらなくても良いんだろうねえ。

 

ところで藤崎慎吾の「コスモノートリス」はロボットSFではなくてポストヒューマンSFではないだろうか?まあいいかそれは…

ロジャー・ゼラズニイ「フロストとベータ」

 

ロボット・オペラ

ロボット・オペラ

 

 瀬名秀明編「ロボット・オペラ」収載。もともとこの「フロストとベータ」が読みたくて図書館から借りてみたら余りの大著にこれは居住まいを正して読まねばッ!ととりくんだところが、やはり「フロストとベータ」が非常に面白かったので単独で感想を起こす。

これはSFで、人口知能のお話だ。人間の滅んだ地球で北半球を支配する(北半球の機械群を統制する)管理マシンのフロストが、人間を知るために様々に試行錯誤し「人間とはなにか」について思いあぐねるような、思弁的なストーリー。結局フロストは長い長い時を経て「人間を知るには人間にならねばならない」という結論に達するのだけれど、そのとき何が起こるのか、というような展開。

過去の神話をモチーフに未来のSFを描くというのはゼラズニイの得意とするところ(だそうな)で、この短編が自選ベストに選ばれているというのも納得の完成度です。短いお話なのだけれどね。

主人公たる人工知性フロストは衛星軌道上の巨大(なんだろうなあ)コンピューター「ソルコン」の支配下に置かれていて、フロストと共に地球の南半球を統制している同格の存在がタイトルにもなっている「ベータ」。そしてもうひとつ地球上(正確には地球の地下深く)にはソルコンと対等の能力を持つ人工知性「ディブコン」が鎮座していて、本来ソルコンの予備機(代替機)であったディブコンは些細な事故をきっかけに起動し、ソルコンの統制を覆すべく両者は争いを続けている…という舞台設定です。本文のほとんどは人工知性同士の会話、対話を主に記述していくのだけれど、やはり訳(浅倉久志による)がいいんだろうなあ。一見すると無機的なコンピューター同士の会話に絶妙な緩急があって、真面目なことを真面目に書いているのに思わず笑ってしまうところ、AIそれぞれの個性がにじみ出ています。ディブコンの使者として訪れた小型ロボットのモーデルにはやや横柄な態度でいるフロストが、自分と対等であるベータに対しては丁寧に敬意を払う。その微妙な匙加減が最後の一行に結実してしみじみと感動させるのですよ。敬意って大切です。そしてやはり、そこかしこの地の文に見せる詩情というものが、作品全体をこう、なんだ、美しく纏めているのだろうなあ。AIの健気さは「吸血機伝説」とも共通するところか。

 

思うにこれは「ゼーガペイン」の血肉となった作品のひとつなのでしょう。ゼーガより先にこれを読まなくてよかったんだろうな。「ロボット・オペラ」そのものは、もっと早く読んでいればよかったかなとも思うのだけれど、そんな矛盾を抱えるのも人間ですね。

 

そして自分はいったいいつ頃「人間になろう」と思ったんだろう?それはもう思い出せないことなのだけれど。

コードウェイナー・スミス「アルファ・ラルファ大通り」

 

 

人類補完機構全短編シリーズ第2巻。このシリーズが「叙事詩」とか「宗教的」と呼ばれる理由が、まあなんとなくわかったようなわからんような(どっちなんだ)。遥かな未来の出来事を、更にその先に居る語り手が「歴史」として語り上げる。故にこの種のジャンルの作品は「未来史」と称される。当たり前だけどそれを再確認できた気がします。

 

「帰らぬク・メルのバラッド」で活躍する猫娘のク・メルが世間的には大人気だそうですが、個人的には「クラウン・タウンの死婦人」で殉死する犬娘ド・ジョーンのほうがその、刺さりますねえ…

 

しかし本書でもっとも心に響いたのは、「シェイヨルという名の星」で繰り返し発せられる「人の命は永遠ではないのよ」という台詞、テーゼで、手塚治虫の「火の鳥 宇宙編」を思い出したりだ。あれも流刑地のSFだったからかな。

 

そして巻末の解説で語られる1980年代のコードウェイナー・スミスファン(というかSFファン)の在り様が、率直に言って気持ち悪い。

 

いやホント、笑えませんなこれは…

「生賴範義展 THE ILLUSTRATOR」見てきました

上野の森美術館にて2月4日まで。 入場時にやや行列したものの、館内はスムーズに周れてよかった。映画ポスターや人物画、広告イラストなど本当に数多くの作品を手掛けた人だけれど、やっぱり自分にとっては本の絵の人、「文庫本のカバーイラストを描いてる人」というイメージが強いので、会場内のいわゆる「生賴タワー」に圧倒される。 

 

f:id:abogard:20180113200056j:plain

 

たまたま先日にツイッターで言及してた「シャトル防衛飛行隊」もあったので、まあ気持ちが上がるわ上がるわ(笑)

 

撮影可能エリアも広くハッシュタグを使った拡散を展示会側で推奨していて、通常の美術展と比べてもちょっと異質な内容でした。でも考えてみれば、アカデミズムやアート指向とは違う、広く大衆娯楽に目を向けていた「イラストレーター」の回顧展としては、こういうスタイルが相応しいのかも知れません。(むろんオリジナルの大作もあります)

 

いろいろ圧倒されているのであまりまとまってないのだけれど、小説なり映画なりの内容を媒体するメディアとしてのイラストのちからを、ちょっと考えさせられました。世界的な名声を博した「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」ポスターも、断片的な情報を元にいったん作品を解体・再構築してウエイトを置き直した結果ああいうものが出来上がっているわけで、そういう2次いや1.5次創作とでもいうべきクリエイトの技を存分に見せられた気分です。プラモデルのボックスアートと似てるよねこの辺ね。

 

徳間の「SFアドベンチャー」の表紙を飾った美女画がまあエロいのなんの。エロい割にいやらしくはないむしろカッコイイという感じの絵で、女性の目にはどう映るんでしょうねこういうものはね。目のちから、視線の力強さが良いのだけれど、やっぱ巨乳もいいよなあおっぱい万歳だよなあ…

 

f:id:abogard:20180113201323j:plain

 

各キャラクターは歴史・伝説上の人物などがモチーフになっていて、それぞれを象徴する小道具、背景などが描かれてるのが面白いです。上の画像の「デリラ」では手に切り落とした髪の毛のような束を持ち、サムソンと思しき兵士が背景に居る。時間や空間が容易に跳躍されるのはSFでアドベンチャーだからだ!

 

自分が最も愛好していた早川文庫NVのいわゆる冒険小説の表紙画は残念ながらあまり無かったんだけれど、ひとつ気がついたことがある。生賴範義の戦争画ではあまり青空を描かない。薄暮や黎明、あるいは曇天や硝煙に覆われた空など暗い雰囲気のものがほとんどだ。これは作家性ということなんだろうなあ…

 

いやさ実に満足でした。期間が一か月と短いのが残念で、もう少し長ければもういちど足を運んでみたいものでね…

今年の一番について考える

いつものです。

 

まーなんだろうなーうーむ、最近とみに思うことは「いずれ出来なくなるのだから、やりたいことは出来るうちにやっておけ」なんだけれど、「いずれ出来なくなる」がだんだん大きくなっていく日々、「出来るうちにやっておけ」が大事になってきますね。それは「やりたくないことをするな」とか「そんなもんに使う金も時間も義理もねぇ」と裏返しなのだろうけれどね。

 

・本

今年のベスト本は2冊あります。ロジャー・ゼラズニイ「虚ろなる十月の夜に」と松井広志「メディアとしての模型論」。前者は非常に豊かな読書時間と空間を与えてくれたし、後者は普段自分が接しているモノに対して非常に新鮮な視座を与えてくれました。年ごとに読書量自体は減ってきているけれど、今年はとりわけ豊潤な物に触れることが出来たような。

 

・映画

今年は前半に随分戦争映画を見たような感じですね。「ダンケルク」をIMAXで見られなかったのはちょっと残念でしたが。何がベストかと言われたらううううむ「ハイドリヒを撃て!」とギリギリ僅差なんですがやっぱり「ダンケルク」でしょうか。「特に観客に向けた説明をしない」というのも双方に共通しているスタンスだけれど、「ダンケルク」のそれは際立っていたな…

 

あと、割と今年は展覧会に足を運びました。ミュシャ展をスムーズに見られたのはよかった。「怖い絵」展は行こうとする前に挫折(笑)来年の生頼展はどうなるかなー

 

・アニメ

今年は「けものフレンズに始まって少女終末旅行で終わる」みたいな気分でしたが、結局「けものフレンズに始まってけものフレンズで終わる」一年でした。ああいうものを見せつけられると、つくづく「ガールズ&パンツァー」は幸せな作品なのだなあと思わされる。実質二期である最終章、年明けしたらまた見に行こう!

 

・プラモ

はそうねえ、自分で作ったものだとルビコンモデルの1/56SU-122が面白かったですね。来年にはイタレリの1/56も日本で普通に出回るので、あのクラスの戦車プラモが活性化してくれるといいなあ、タミヤヨンパチとかタミヤヨンパチとかタミヤヨンパチとかがです。

 

・あと、なんだろう

今年は四半世紀ぶりにコミケに行ったり愛知県刈谷市まで遠征に行ったり、岩男潤子さんがらみでふだんやらないようなことをやってどちらも大変満足でした。夏コミで差し入れしたペンギンの小物がニコ生にちらっと映り込んだのは実に眼福でありました。そして池澤春菜嬢のサイン会でツーショット撮影できたのも、よい思い出であります…

 

来年は大洗に行ってみようかなあ。実はまだ行ったことないのよね。