読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

ハラルト・ギルバース「ゲルマニア」

 

ゲルマニア (集英社文庫)

ゲルマニア (集英社文庫)

 

 

ナチスドイツ統治下でのハードボイルドミステリーというのはそれほど珍しいものではなくて、あとがきにもいくつか先行作品が挙げられています。ナチスドイツが架空の勝利を挙げた後の世界とか、ナチスドイツ統治下のパリとか舞台は色々あるけれど、それでもやはり戦時体制真っただ中の1944年ベルリンを舞台にした作品を、戦後生まれのドイツ人作家が著わすということには並々ならぬ意味がある、ような。切り裂きジャックを模したような連続殺人事件の、犯人のキャラクターにはたぶんドイツ人ならではのこう、ね。

主人公は戦前は警察勤務でナチス政権以降は迫害されていたユダヤ人のオッペンハイマー警部、妻がアーリア人であったためにかろうじて収容所送りを逃れていた彼が、その経歴を買われて武装親衛隊の事件捜査に引きずり出されるという展開です。武装親衛隊がなんで殺人事件の捜査なんてやってるの?という疑問にはそれなりに回答が用意されているけれど、不慣れな仕事に戸惑うフォーグラーSS大尉との間にいつの間にか奇妙な友情が…というのもまあお約束の展開ではあります。

ラストには事件が解決してオッペンハイマーは「自由」を得る。ではその自由とはなにか、というところが、これまでに読んだ類似作品のどれよりも、しみじみ感じ入るところではあります(いちおうハッピーエンドですよ)

 

ところで、あとがきには触れてなかったけれどナチスドイツ統治下でハードボイルドミステリーと言えばフィリップ・カーのいわゆる「ベルリン三部作」でしょう。本作はフィリップ・カーが三部作で敢えて空白にした期間が舞台で、本文のそこかしこに意識したような人物が配されてるような気がするのだけれど、あとがきでは特にベルリン三部作には触れてないのだよなーうーむ

 

関係者の自宅に聞き込みに行ったら「そのお宅は2週間前に空襲被害に遭って本人もどこかに行っちゃったよ」みたいな展開が頻出するので、戦時下の犯罪捜査は大変であるw

ブラム・ストーカー「七つ星の宝石」

 

七つ星の宝石 (ナイトランド叢書)

七つ星の宝石 (ナイトランド叢書)

 

 「吸血鬼ドラキュラ」であまりにも有名なブラム・ストーカーによる長編小説。ナイトランド叢書を読むのは始めてですね。知られざる作品を世に出してくれることに感謝。巻末解説によるとストーカーの作品として母国イギリスではドラキュラに次いで読まれている作品だそうです。

これまでストーカーはドラキュラ以外に短編を読んでて「判事の家」なんかはかなり好きなんだけれど、今回はうーん、刊行当時(1903年)大流行だった「エジプト」を題材に、女王のミイラと復活の謎、「七本指の手」などの小道具やタイトルには大変魅力的なものを感じたのですが、お話そのものはうーむ…。ミステリ仕立ての前半と、冒頭で何者かに襲われ意識を喪失、お話のカギを握る人物トレローニー氏が目を覚ましてからの急展開の後半でちょっと話の温度が違うような。推理小説怪奇小説がまだ未分化な時代の作品であることはともかくとして、「ノックスの十戒」なんてものが生まれてくるわけだな、てなことを思ったりする。なんだかんだで話が進んで主人公以外皆死ぬ、という初版と、なんだかんだで話が進んでみんなハッピーエンドという1912年版(短縮版)の2種類の結末が併記されているのは面白かった。そして解説にも書かれていることだけれど、当時の最先端の風俗や科学的発見を取り込もうとする意欲ははっきり伺えます。100年以上後の読者から見れば古い作品でも、100年以上前の作者はいま・その瞬間に、新しい何かを産み出そうと奮闘しているわけで。

そういうところは非常に興味深く読めた、不思議な読書体験でした。

 

途中で友人であるメアリ・シェリーの『鎖を解かれたプロメテウス』(いわゆるフランケンシュタインね)がかなりむりくり引用されてるところなんかは、なんだか微笑ましい(w

土屋健「三畳紀の生物」

 

三畳紀の生物 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))

三畳紀の生物 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))

 

 古生物学の黒い本、第5巻。三畳紀というのは広い地球に地面がたったの三畳分しかなかった時代、ではなく(あたりまえだ)むしろ地形としては超大陸パンゲアがあった時代。のちのジュラ紀白亜紀と共に中生代をなす時代で、「『中生代』を一言でいえば、それは『爬虫類の時代』である」と本文にもある。

 

えっ

 

恐竜って爬虫類なの?

 

ともあれ、三畳紀に関して言えば「爬虫類の時代」であることに間違いはないようです、恐竜というトリだかトカゲだか正体のつかめないものは確かにこの時代から生まれたけれど、三畳紀の世界を支配していたのは翼竜や魚竜やクルロタルシ類といった爬虫類たちです。

 

クルロタルシ類とはなんぞや。

 

やー、この感読んで一番収穫だったのは多分これだな。むかし何かのイラストで見て、えらく印象的だった割にそれがなんだかよくわからないまま過ぎていたのだけれど、おそらく自分が見たのはクルロタルシ類を描いたものだったのでしょう、うんうん。

 

クルロタルシ類を一言でいうと「本気を出したワニ」である。どの辺が本気かというのは画像検索すればすぐわかる。なんというか「どっこいしょ」という感じでもあるのだが。

 

初期の恐竜類についても、とても興味深いものです。外観上は大差がないような種類でも、多様化の芽生えははじまっているのね…。なぜ本気を出したワニみたいなのが滅んで小型のトリだかトカゲだかわからんものが生き延びて繁栄したのかは、実はよくわからないのそうですが、「平たく言えば運(Luck)だ」という記述がむしろ重いなあ。

 

結局は運不運の問題なのよね、ミクロからマクロまでね。

 

気が向いたところで気が向いた巻号を読もうと思ってるこのシリーズ、今回三畳紀を読んだのは海洋堂のコレが「『中生代三畳紀の小型爬虫類が水中適応した末裔』という新しいアイディア」だというので興味を持ったんだけれど、海洋堂のアレのどの辺が三畳紀だったのかは……

 

ところでこのネッシー、数年前に海洋堂UMAボトルキャップでも出してるので、別に新しくもなんともないのでは???

笹原克ほか 著 モリナガ・ヨウ 画「南極建築1957-2016」

 

南極建築1957-2016 (LIXIL BOOKLET)

南極建築1957-2016 (LIXIL BOOKLET)

 

 

土木というか建築の本ですけれど。日本の南極観測施設として1957年に開設された昭和基地(日本初のプレファブ建築だった)の変遷を中心に、現代にまで至る南極における日本の建築物を解説するもの。かつてはイギリスのスコット隊が遭難したり、映画にもなったカラフト犬の置き去りなど過酷な環境であった南極も、技術の進歩で現在はずいぶん快適に…というような内容だろうと(あまり良いことではないですが)先に推測しながら読んでいく。たしかに技術は進歩して、観測や生活など基地に於けるひとつひとつの要素は快適にはなっているのだけれど、しかしながら南極が過酷な場所であることには変わりがないんだな…という印象。ブリザードを突いて内陸部へと補給物資を届ける雪上車の隊列は東部戦線どころの話ではないし、内陸部の氷床を掘って作られたみずほ基地あすか基地は既に放棄され完全に埋没している。

そんなところでも人の生活はあり、過酷な環境とどのように接していくか、モリナガ・ヨウ先生の挿絵はやっぱりどこか暖かみがあって人間らしさのぬくもりみたいなものは感じます。現在運用されているドームふじ基地の構造イラストなんかはRPGのダンジョン地図みたいで、読んでるこちらをわくわくさせてくれる。夢とかロマンとか、例え空虚であってもそういうものを受け止めることが、たぶん「次」へとつながるのでしょう。第一次南極越冬隊を率いた西堀栄三郎氏が、かつて白瀬矗の講演を聞いていた…というのは初めて知りましたが、ひとの想いが繋がるのは良いことです。

当初建築家によって出された案がUFOみたいな円形や、まるで古いSFに出てくる「宇宙ステーション」のようなドーナツ型であったのはいささか苦笑したのだけれど、未踏の地に生存環境を切り開いて開拓していく様は確かに宇宙開発のような印象も受け、そして本文の最後は力強く「極言すれば、南極の基地は将来の地球外惑星の基地のアナロジーと言えるだろう」という言葉で結ばれている。

 

うむ。

 

南極はSF!(そうじゃない)

 

ページ数こそ少なめですが、日本以外の各国の南極観測基地についても記述はあり、そちらも非常に興味深いです。立地条件や文化の違いによって多彩な、それでもどこか「宇宙基地」みたいな概観の各国基地を包括的に知ることが出来るような本があれば面白そう。「この南極基地がスゴい!」みたいなw

 

どこの国も娯楽施設には非常に力を入れていて、現在の昭和基地の管理棟内バー・カウンターには赤ちょうちんが飾られている…!というのもモリナガ先生のイラストで教えられたことなのです。いいねえ…

 

主にこの本の挿絵を中心としてモリナガ先生の原画展をやっていて、先日(てか昨日な)見てきたわけですが、トレーシングペーパーを使って画稿と書き文字をレイヤー構造にしているのを大変興味深く拝見しました。入場無料、この連休におすすめのイベントですよ♪

 

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003630.html

 

それとこの本、フォントがちょっと面白いのよね。キャプションに使われてる書体はなんだろう?妹尾河童の手書き文字みたいな印象なのだけれど。

G・ウィロー・ウィルソン「無限の書」

無限の書 (創元海外SF叢書)

無限の書 (創元海外SF叢書)

サイバーパンクアラビアンナイトが融合したSFファンタジイ小説である」と訳者あとがきにある。現代イスラム世界を舞台に(はっきり書いてないけどサウジアラビアUAEのどこかなんだろうか?)うーん、なんだろうハッカー青年と陰謀と異世界、みたいな仕立て。作者は「ミズ・マーベル」にイスラム少女を起用したことでも有名なひとで、コミックライターだけあって非常にキャラ立ちが良い。「吸血鬼ヴィクラム」とか後半に登場する引退した元ハッカー「ニュークォーター01」とか、とても魅力的です。タイトルと装丁から固そうな本だなーと思って読みだしたんだけれど、むしろ展開はスピーディでライトなノリでもある。2人登場するヒロインがどちらもカワイイ。とてもよろしい。

アメリカからイスラムに対する優しい視点のSFファンタジィが出るというのはとても大切なことで、でもイスラム圏がこれをどう受け止めるかはまた別の問題か。

ただ露骨に「アラブの春」をエンターテインメントに落とし込んでいるので、受け付けない人もいるかなとは思います。

「あんた、いいやつだな、アブ・タリブ・アル・ムフタル・イブン・ハムザ王子」
「なんだよ、ぼくのフルネーム、おぼえてくれていたのか」

ここ好きw なんか好きだなー、わけもなくね。

「夜は短し歩けよ乙女」見てきました

公式。

同じスタッフが再集結ということである意味劇場版「四畳半神話大系」みたいだったけど(笑)だからこそ一層楽しめたように思います。原作未読で「四畳半神話大系」も知らなかったらチンプンカンプンかも知れぬが。

 

原作はこれが初森見で、初読当時に大いに楽しみ、そして(実におこがましいことですが)こういう作品を書ける才能に激しく嫉妬したことをよく覚えています。後にも先にも我が人生に於いて他人に嫉妬したってあれを読んだ時だけじゃあるまいか。

 

原作では一年間の出来事を四季を追って描いていくのだけれど、今回のアニメでは四季を追った出来事を一晩で描くというかなりアクロバティックなことをやってて、そういう不自然さを不自然と思わせないようなパワフルな映像が作られていました。「四畳半神話大系」のときは短い原作を1クール13話に広げたのとは実に対照的なことで、やっぱりこの2つはセットになってるんだろうなあ。これまでも幾度か企画があってポシャった(以前マンガがありましたね)とは初めて知ったのだけれど、このスタッフで映像化できたことは、実に僥倖。

 

キャスト陣についてはもう、これは本当に花澤香菜さんをみるための映画です。星野源の主演も良し、本職の声優ではない芸人や俳優の方々もむしろ映像にマッチした感じはあり、声優陣も良いところを多く揃えてその上で尚、これは花澤香菜さんを見るための映画ですと、極めて個人的に断言する。とても、とても素晴らしい演技をするようになりました。「ゼーガペイン」で見て以来(いや「LAST EXEILE」も見てるんだがさすがに認識してなかった)この10年でここまで大きく成長する様を見られたのは、大変幸福なことです。劇中黒髪の乙女がなりゆきから「偏屈王」の舞台に立ち、そこで「棒読みの演技」をはじめたときには感動に打ち震え、ましてや大スクリーンで歌声を響かせるなど「セキレイ」のあれからなんて成長したんだろうと、もうロマンティックエンジンがガンガン。ガンガン動くのよ。

 

かなり原作は脚色されているので、久しぶりに読み返さなきゃいけませんね。

 

ともあれ、良い映画でした。

バリントン・J・ベイリー「ゴッド・ガン」

 

 この人の本は10代の頃に「禅銃<ゼン・ガン>」と「カエアンの聖衣」を読みました。どちらも傑作で、特に後者はクライマックスの章のページを開いた瞬間、大変に興奮しゾクゾク震えたことをよく覚えている。ネタバレなので詳しくは触れませんが、新約版などで現在でも入手可能、おすすめです。

 

それら「ワイドスクリ-ン・バロック」の代表例みたいな長編に比べればやはりこじんまりした短編集だけれど、表題作「ゴッド・ガン」の、神を殺したくなったので神を殺せる銃を作りました。神はどこにでもおわしますのでどこから撃っても殺せます。ほらね。というぐらいのド直球ストレートぶりには感服を覚えます。マッドサイエンティスト的な話はいくつかあり、どれもまったく悪びれることなく素直にマッドなところは痺れる憧れる。

 

そのうえで、決して地球ではない世界の決してカニではない生き物たちの性春群像(タイポではない)を描いた「蟹は試してみなきゃいけない」の爽やかさには胸を打たれるものがあり。