ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

高野史緒「グラーフ・ツェッペリン あの夏の飛行船」

刊行以来評判が高かった1冊を神保町ブックフェスティバルでサイン本購入。いろいろと声は聞こえてきたので二人のキャラクターがそれぞれ属するパラレルワールドが交錯する物語だ、というお話の構成は予習していました。夏紀と登志夫、それぞれの2021年の世界が1章ごとに入れ替わっていく章立てなので、1組つまり2章ずつのセットでゆっくり読んで行ったのだけれど、最後のクライマックスはなんかもったいなくて引き延ばした(笑)

うん、面白かったです。夏紀のいる世界は明らかに現実の(我々の)ものとは違っていて、反重力技術が実用化され月や火星にまで人類が進出しているのに、情報技術は立ち遅れていて携帯電話は普及率が低く、パーソナル・コンピューターはWindows21なるOSで動かされ、おまけにソ連が存在している。対する登志夫の属する世界は我々の(現実の)世界のようだけれども量子コンピューター技術にはやや差異がある。それぞれの世界の土浦(霞ヶ浦)で、1929年に来日した飛行船グラーフ・ツェッペリン(LZ127)は墜落事故を起こしていたのか?それとも無事に着陸したのか?夏紀の世界では墜落したことになっているのに、夏紀自身はそれが墜落していない「事実」をどこかで知っていて、無事に着陸したはずの世界で登志夫はそれが「墜落した」過去の記憶を知っている。お互いの周辺で起こる謎の現象、やがて二人の意識は結び付流れ、そして――

「飛行船と言えば落ちるのが相場だ」みたいなこともあるんだけれど、本作に於いては「落ちたのか/落ちなかったのか」という未決定な過去のブレ、量子SFの題材として扱われていたのが面白かったです。結果として希望は繋がれるのですが、そのために失われるものもありで、喪失感とそれを挫折とせずに受け止め進むところが青春なんだろうなあ。そんなことを思いました。やっぱり「絵」にはなるのですよね飛行船。リアリズムではなくてシンボリックな扱いなのがいいのかな?

しかし高野史緒の文章もずいぶん丸くなったなーと思いながら読んでいたら、あとがきでいろいろ心情の変化について綴っていてちょっとしんみり。そしてこの作品、」パイロット版が短編で先に出ていて、おまけに既に読んでいた…!

けどすっかり忘れてた(´・ω・`) 

abogard.hatenadiary.jp

うーむたしかに触れていないなあ。読み直さないといけませんねこりゃあね。

 

そうそう、なぜか不思議なんだけどこの作品「説明」っぽいパートがあまり苦にならずに読めました、そこはちょっと解明したいものがある。

川村拓「事情を知らない転校生がグイグイくる。」⑯

「事情を知ってるラブい同級生がグイグイくる」と化して久しいですが、ついに修学旅行編です。16巻半分近くのボリュームを使って班分けと目的地の駅(どうも日光らしい)に着くまでだから、これはまだ続くんだろうなあ。しかしいくらマンガのこととはいえ、最近の小学生ってこんなに恋愛脳なんだろうかそこは気に…

 

気にならんな(・ω・)

宮沢伊織「ウは宇宙ヤバいのウ![新版]」

負けたというのもおこがましいけど、なんか「負けた……!」と感じる一冊。

朝、登校中の女子高生の頭上に巨大隕石が落ちて地球が滅亡するところから始まり、読者に情報を咀嚼する暇を与えずトンチキエピソードの数々をマッハのスピードでぶっちぎり、全体的に濃度が濃く、それでいてメリハリもちゃんとあり、わけがわからないなりにわけがわかるように書き、ちょくちょくパロディネタを挟んでもそれが不自然にならず、意外性の方向に向けたベクトルは次々に加速して行き、最後に全てがちゃんとまとまる。キャラクターは魅力的でガジェットは独創的、プロットは輻輳しながらも決して混乱することは無い。

 

負けた……。

 

おもしろかった。

 

すげえ、

 

すげえおもしろかった!!

 

しかしこれ10年前に元本が一迅社から出たときは全然売れなかったそうだけれど、なんでだろうなあ。今回新版にあたって主人公の性別を変え百合要素を足したとあるけど、そもそもの読者層がミスマッチだったんじゃなかろうか?

 

そういえば「火を発見した熊」というのが出てきたけれど、これはテリー・ビッスンの「熊が火を発見する」がネタ元なのか、さらにその元ネタがあるのかどっちなんだろう(´・ω・`)

「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」見てきました。

公式。 当初全然見るつもりなかったんだけど、公開直後に絶賛の嵐だったんでこりゃ見ておこうかなと。鬼太郎と言えば水木しげるのお膝元、調布で見られたのはよかったね。帰りに布田天神でも寄ってくれば尚よかったのだが。

まあともかく、ビックリするほど面白かった。「ゲゲゲの鬼太郎」にそれほど深く入れ込んでる訳でもないんだけれど、鬼太郎っていつもどこかでなんかやってる(昔はよく「干支がひとまわりするとアニメになる」なんて言われたものでした)印象です。調布駅からシアタス調布に向かう道に「ゲゲゲの軌跡ロード」として歴代TVアニメのパネル展示も行われてて、事前にそれを視たのも良かったんだろうなあ。昭和31年を舞台にした映像の中でとあるキャラが幼い男の子に「この先日本はもっとよくなる、発展して皆幸せになる」というような主旨の台詞を話すんだけど、見ているこっちとしては「そうは言うけどそうはならねえんだよなあ」と、メタ的な感慨に耽る訳ですよ。しかしふと思った。「そうは言うけどそうはならない」を表現してきたのは、戦後貸本時代からテレビの普及、高度成長期にバブル時代、平成不況と令和のいまを、幾度となく見せてきた「ゲゲゲの鬼太郎」そのものじゃないか。鬼太郎の、特にアニメはいつもその時々の世相を明け透けに題材化するので、「当時」がそのまま記録されているんだろうなあとか、そんなことを強く感じた訳です。今回の映画が横溝正史京極夏彦作品のような色合いを帯びていても、それを「鬼太郎」で包み込めるのは、これまで原作を起点としてそこから大きく広がってきた、歴代アニメ作品があったからなんだろうなってね。

そんであとあれですね、俺もね、

種崎敦美に全力で「死ね!」って言われたいよなって。

あれはすごかった。濡れた(*´Д`)ハァハァ

役者の使い方はすごく贅沢で、石田彰が糸目キャラやってるぞというのもネットで評判だけれども、皆口裕子釘宮理恵にスゴい役どころ振っててあれはなかなか出来ない技じゃあないだろうか。6期メンバーはいつものままなんですけれど、あー鬼太郎の父は今回関俊彦で初か。TVのときは野沢雅子でやったのか。

因習村で囚われた女を探す話だけれど、因習村に囚われてる女は囚われた女だけではなくて、血で、縁で、欲で、金で、まあともかく、どんな妖怪より人間の方が酷いもので、こりゃ無人化するべきだナーなんて見てたらかなり豪快に無人化されたので、そこはコーフンしました(´・ω・`)

パンフ読んだらいろんなことを「説明せずに演出で見せた」ようなことを話していたので、もう一回見てもいいかもしれない。なにしろこれはダークホースだ。

しかし「閉鎖的な因習村で因業爺が死んだ直後に起きる連続殺人の話」を、池田大作死亡の報を聞いた翌日に見るのはなかなか批評性が高いな( ˘ω˘ )

 

<12/3追記>

調布で二回目見る。今回は沙代の心情を追って行こうと見直したんだけど、柄物の着物を纏って水木にモーション掛けるのは「一人目」を殺害した後なんだな。怖い話だよ…。

種崎敦美さん、いずれプリキュアやるんじゃないだろうか?そんなことをふと。あと初見もそうなんだけど「早口で台詞言わせる」のは全然気にならないな。むしろ自然に受け止めました。なんでだろう?昭和のおじさんだからか(´・ω・`)

ハル・クレメント「一千億の針」

 

さて、どこから書き出しましょうかね。本書はハル・クレメントの名作「20億の針」の続編で、ぼくはその「20億の針」を岩崎書店ジュブナイル版「星からきた探偵」ではじめて読んで、そしてとても大好きでした。

https://www.amazon.co.jp//dp/4265951384/

宇宙からやってきた正義の探偵「デカ」を体内に宿した主人公が、彼の追ってきた犯罪者「ホシ」の存在を突き止めるサスペンス。「デカ」同様に人類の胎内に潜伏する「ホシ」は一体誰の中に居るのか。南の島を舞台にしたちょっとウルトラマンじみたお話だったのですね。しばらくしてから映画「ヒドゥン」が公開されたときはまったくもってこれじゃないかと思ったものです。映画は特に貼る。クレメントの名前がクレジットされていないようですが、面白いから良いのです。創元SF文庫で「20億の針」が新訳版出た時には購入して、いまでも本棚にあります。

 

続編があるというのは昔から知っていましたが、別段理由もなく、なんか手を出していなかったのですね。「20億」というのが作品の舞台となった時期の地球総人口の数字で、20億の人類の中から1本の針を探し出すというのが「20億の針」の意味なのですが、続編が「デカ」(あるいは「捕り手(ハンター)」の故郷の星を探し出すというのがテーマだとも聞いていました。一千億の星々の中から1本の針を探し出す、なかなか胸躍るテーマです。神保町のブックフェスティバル、東京創元社のブースで500円均一で並んでいたのでついにとうとうようやくやっと、手を出してみました。帯には「一千億の星のどれかが、共生生命体の故郷。」とあります。胸が躍ります。

で、読んでみた。

 

        ∧∧       
       ヽ(・ω・)/   ズコー  
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄

 

という話だったのさ。そーいや「ヒドゥン2」もアレだって話だしなあ…

ジャスパー・フォード「クォークビーストの歌」

「最後の竜殺し」に続く「カザム魔法マネジメント」シリーズ第2巻。前巻が面白かったので続けて読んでみた。

 

abogard.hatenadiary.jp

シリーズ物ということで第1巻ほど設定的な面での驚きはないのだけれど、相変わらず活き活きしたキャラクター描写は良いです。どこか殺伐としたものが薄板一枚向こう側になるような感覚…は、前巻では存在だけ示唆されていたトロールが実際に登場するパートで如実に示される。いわゆる王道ファンタジー的なトロールとはちょっと違って、「上品且つ冷酷」みたいな、ちょっと異質の生物として描写されています。腰布一枚に棍棒持ってるところは王道ファンタジー的なトロールなんだけどさ。

で、今回の話のメインはカザム魔法マネジメントと並んで世界にもうひとつあるiマジック社とのあいだで橋の建設による魔法合戦を行うこと。前作で不慮の死を遂げたクォークビーストがこれにどう絡むかというと

 

あんまり絡まないなあ(´・ω・`)

 

などと思っていたらクライマックスでしっかり絡んで驚いた。それまで一見するとバラバラに見えたいくつかの要素が最後に綺麗にまとまって落着するところは巧い人なんだろうなあとは思います。それだけに、突然スター・ウォーズのジョークを差し込むとかそういうのはなあ。あと、例によってピンチに陥るカザムの面々が逆転のきっかけをつかむことになる要素があまりに唐突でご都合主義的だったのはちょっと気になる。

とはいえ”はかなきヘラジカ”の正体とその悲劇的な最期が明らかに幻体のそれだったので、本書は実質ゼーガペインだと言えます( ˘ω˘ )

まだいくつか明かされていない秘密と謎があるようなので、続巻を期待したいけれどどうだろう?著者のwikiみると続きは書いてるようですが。