ひとやすみ読書日記(第二版)

最近あんまり読んでませんが

クリス・ネヴィル「ベティアンよ帰れ」

ハヤカワ文庫SF通巻74という、まあ古典ですね。原著は1970年刊行で、ゼナ・ヘンダースンのピープルシリーズのような「素朴で清貧な古き良きアメリカの片田舎」SFがその年代でも成立したんだというのは、ちょっと驚き。とはいえあくまで刊行年であって、執筆時期や作中の年代設定はもっと前かも知れない。第二次世界大戦については言及されても、朝鮮半島ベトナムの話は出てこなかったな。

事故によって両親を失い、地球に取り残された異星人アミオ族の赤ん坊がごく普通の夫婦に養子として引き取られ、ベティアンと名付けられたその子はやがて美しく優しい娘に成長し、そしてある日本来彼女が属すべきのアミオ族の者たちが現われて…という、筋書きも何もすべてが古典的です。著者ネヴィルはいくつか著作はあるそうなのですが実質本作だけのひとで、そして日本でだけ「槍作りのラン」という作品が翻訳刊行されている。これは本作のあとがきや、あるいは「ハヤカワ文庫SF総解説2000」*1に詳しいんですが、ネヴィルの自宅を訪れた矢野徹が未発表原稿をみつけて翻訳刊行したそうで、まさに翻訳権独占(笑)

その「ハヤカワ文庫SF総解説2000」では本作について「もうひとつの『かぐや姫の物語』である」としている(秋山完による)。なるほどかぐや姫か、確かに。育ての親か生みの親かという二択を迫られる(実際には「生みの親」ではないのだが)というのもまあ、古典的ではあるけれど、かぐや姫は、少なくとも「竹取物語」では、悩まなかったんだよなとふと。

本書はハヤカワ文庫SFにカラー口絵とモノクロ挿絵があった時期の本なので、新井苑子によるイラストが随所に挿入されます。それもまた1972年という時代の(俺の生まれた年だよ、やれやれだな)素朴なタッチでこの素朴な物語に華を添えるのですが、クライマックスに見開きで描かれる一枚と本文の流れが、とても良い。それを記録しておきたくて感想付けたようなものです。

 

ああ、いまamazonのレビュー見たら元は短編なのか。確かに巻末にそのようなことも書いてあったな。なるほど中盤で話がダレるのは、それが理由か…。

ガレス・L・パウエル「ガンメタル・ゴースト」

アクアク・マカークのキャラはすごく良い。もともとこのキャラありきで短編を書いてそこからいろいろ転がって長編になったというのも頷ける。巻末にはその短編も掲載されてて実に親切なことだ。

でもなんかその、うーん売り方?があまりというかちょっとというか全然気に入らねえ(´・ω・`)

 

第二次世界大戦中、英空軍で活躍する不死身のエース・パイロット“高射砲(アクアク)”マカーク。隻眼、葉巻と二丁拳銃がトレードマークの彼はある日、禁断の真実を知る――本当の彼は仮想空間に囚われた、人ならぬ存在だったのだ!(後略)

 

あらすじにはこう書かれてるんだけど、まず最初に読者に提示されるのはこの世界が1950年代にイギリスとフランスが統一されてひとつの国家となり、そこから100年が過ぎた架空の未来社会だってことであって、そこで遊ばれている(かなりパンキッシュな)VR第二次世界大戦ゲームの有名キャラが実は…という流れ。話の順番が違うんでゼーガペイン的なアイデンティティクライシスを期待してたら肩透かしされた気分になりました(´・ω・`) お話の主軸は英仏連合王国の皇太子メロヴィクと夫を失ったジャーナリストのヴィクトリアを含めて3人のキャラのアイデンティティクライシス(及びその克服)にあるんだけれど、原題も”ACK-ACK MACAQUE”だしカバー画に描かれているのもアクアク・マカークとあーこれはK8じゃなくてヴィクトリアなのかな?まあともかくなんか落ち着かなさを感じる。

 

全翼機から降下してくるナチス忍者部隊と戦うスピットファイア乗りのが「ここは仮想空間だったのだ!」と気づきを得ても、まあそりゃそうでしょうねと。

 

帯を外すと尻尾が見える装丁はいいな、うむ。

 

あーこれ「ウォーシップ・ガール」の人か。あれもなんか微妙で、読んだけど感想残さなかったんだよなーうーむ。

川村拓「事情を知らない転校生がグイグイくる。」⑬

アニメ化決定おめでとうございます。

しかしどういう風にまとめるんだろうね?主人公2人のキャストにはかなり期待してるんだけど。

さて13巻は夏休み後半でもうこの2人もみんなも全員全部幸せになってくださいお願いしますと、そういう感想しか出てこねえ(´・ω・`)

 

あと日野くん強い。さいつよかも試練。

柴田勝家「ヒト夜の永い夢」

柴田勝家の長編は初めて読んだな。

 

ウム、変な話だ。昭和初期を舞台に実在の人物を多数配して幻想的な世界を小説で描くというのはどうやったって「帝都物語」になりそうなものだけれど、「帝都物語」の特に丸尾末広画時代の極初期にあったような耽美さをフルスイングでブン投げて、南方熊楠というケッタイな人物*1を主人公に据え、もっと猥雑で豪放で乱心の果てに紡がれる、耽美な人造人間と量子論的いやそうはならんやろなっとるやろがい!みたいななんだその、

 

なんだろう(´・ω・`)

 

便所で隣り合わせになった北一輝と自由に論争を盛り上げる(ちがうものもモリモリ盛り上がる)ところとかたまらんのだが、知性ある粘菌とか天皇機関とか、自在に駆使される日本語による奔放な発想と表記のイキオイとか、楽しいのはそういうところか。帯には「一大昭和伝奇ロマン」とある。

 

伝奇。

 

なるほど伝奇か。奇しものを伝えるロマンか。

 

西村真琴と「學天則」が大きな役割を果たすところは映画の方の「帝都物語」っぽくはあり、江戸川乱歩が出てきて謎の怪人がオートジャイロで逃走するところは映画の「K-20 怪人二十面相・伝」っぽくもある。フムン。

 

それとこっそり三島由紀夫が出てくるのも良かった。それが三島由紀夫だと気づいたのは「帝都物語」読んでたからなんだけどね。

 

なんにせよ楽しい作品だった。小気味よく章立てが分けられ話が展開するので、電車の中で少しずつ読むのに良い。大事。

*1:というのも大概フィクションに描かれた像ではあるが

松田未来・※Kome「夜光雲のサリッサ 09」

月面での戦闘はやはりメインではなく、ウルティムムと共闘し月を占拠したカウシカに立ち向かうIOSS一同、という流れで大気圏上層部で「火球の子」たちの連携プレイによる天翔体迎撃ミッションはやはり良い。能力が成長/強化されると身体に悪影響を及ぼすというのは忍もカウシカも同様なようで、今後の行く末が案じられる。

そして今回、

 

「ゆるさなくてもいいんだよ」「それでもそれなりにやっていけるよ」

 

というのは何か、非常に重要で重大なことを言っているように思われる。

 

時浜次郎「搾精ハーレム大決闘 早撃ちカノジョと夕陽のタピオカ少年」

搾精ハーレム大決闘 早撃ちカノジョと夕陽のタピオカ少年 (MUJIN COMICS)

連載時タイトルは「タピオカウェスタン」。書影はセンシティブなので自粛。

いや鉄砲だよ?鉄砲の漫画なんだよ!?

 

考えてみれば茨城県では戦車が走り回ってるんだから埼玉県ではガンマン娘がウェスタンやってても全然不思議はありませんね。がんまんむすめですよむすめ!違う読みかたしたら最低だな俺(´・ω・`)

 

基本、だいたいの雰囲気は前作「愛翼のペンギン島航空隊」*1と同様なんですが、基本学生なので健全です。なにが健全なのかは読み比べて考えてください(ただし18歳以上の者に限る)。

 

まあヘンリー・フォンダはいいよね、眼鏡だものね(´・ω・`)

T・キングフィッシャー「パン焼き魔法のモーナ、街を救う」

原題を”A WIZARD'S GUIDE TO DEFENSIVE BAKING”という。「救う」と「守る」にはややニュアンスの違いを感じるがまあともかく、評判通りの面白さではある。パンを焼く魔法を使える(パンを焼く魔法しか使えない)14歳の女の子が、その魔法を使って街を救う。あるいは守る。巻末の謝辞によれば2007年に書き始めた作品が色々あって世に出たのがコロナ禍真っ盛りの2020年のことだそうで、当時のアメリカでは巣ごもり需要で皆が家でパンを焼いていたらしい。おそらく日本では牛乳を煮詰めて「蘇」を作っていた頃合いではあるまいか。

10代女子向けジュブナイルファンタジーということで、まあ良く出来ているなあと思わされる。例によって近年のアメリカ製フィクションに共通する「計算」あるいは「計画」に則って書かれたのだろうなあと。物語の上げ下げ、感情移入しやすいキャラクター、わかりやすい敵。中世的な世界観の魔法ファンタジー小説だけれど、登場する知的種族は人間だけで「邪悪な魔族」みたいなのは出てこない。それぞれのキャラの肌や髪の色もほどんど言及がなく、かなりのフラットさを感じる(1人金髪の男性が出てくるけれど、あまり話には絡まないアイドルスターのような立場だ)。物語をリードするのは概ね女性キャラで、悪役には男性キャラが配される。とはいえ全ての女性キャラが好感を持っているわけではないし、全ての男性キャラが悪漢な訳でもない。そこまで露骨ではない。

パンを焼く主人公、というのが物語へのシンパシーを高めているのは間違いない。出てくるパンがやたらと現代的に思えるけれど、さすがにハンバーガーとかホッドドッグは出てこない(笑)ジンジャーブレッド、甘パン、ブラックベリーマフィンなど、甘くておいしいタイプのパンが主か。

パンとファンタジーと言えば「ロイスと歌うパン種」*1というのがありました。あれにも「意志を持った発酵種」みたいなのが出てきたけれど、本作に出てくるのは「ボブ」という名前があって、やや邪悪で、人を襲う。そしてモーナの命令には忠実に従う要は「食べられるスライム」みたいなものか。傍らにはやはり魔法で命を吹き込まれたジンジャーブレッド人形が控えていて、それら「使い魔」たちのキャラ造形は面白いものです。

「パンを焼くだけの魔法でどうやって街を守るか」というのが大きな命題で、それをどう解決したのかは大変面白い。ビジュアル面でも強くて、容易に映像を思い浮かべることが出来る。著者はもともとイラストにストーリーを添えて発表してたような人だそうで、その辺も巧みなものか。

しかし本当に街を救うのはパン焼き魔法のモーナではなく別の(女性)魔法使いで、そのへんちょっとご都合主義的というか、アメリカの創作によくある「自由と民主主義のために死ぬひと」みたいな居心地の悪さもある。とはいえ「英雄は居ないほうがいいし、英雄になっても嬉しくも楽しくも無い」みたいな話でもあるので、その居心地の悪さも計算づくなんだろうな。